新春ドラマスペシャル サラリーマン忠臣蔵〜華麗なる復讐〜

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
作品概要
制作会社 テレビ朝日
公開年度 1989年
内蔵助役 加山雄三
評価 3ツ星


 昭和64年であり、平成元年であるこの年の新春に放送。

 浅野物産社長・浅野長矩が謎の死を遂げ、倒産。重役・大石は会社再興と、自殺で処理された社長の死の真相究明に立ち上がる。


 原案の葉村彰子は、森繁久彌ドラマと関連が深いプロデューサー・逸見稔が中心となって構成していた「水戸黄門」なんかで見かける創作集団の共同ペンネーム。

 制作のオフィス・ヘンミはこの逸見稔の会社。本作で大石を演っている加山雄三のディナーショーやドラマを手がけていたとか(出典:Wikipedia)。

 同氏制作&同局のヒット作「だいこんの花」でおなじみの森繁&竹脇無我コンビ(リアルに仲が良さそう)が、大石を影で助ける山鹿弁護士&脇坂弁護士という役で、良いキーパーソンで出ている。(註01)


 浅野社長の自殺に社員たちが不信を感じるところからミステリ仕立ての展開が生まれ、暴力団も絡む政治献金の話になっており、その展開とスケールが吉良の失脚への爽快感とつながっている。

 仮名手本忠臣蔵を忠実になぞることに心血を注いだ、株主総会で吉良をやり込める、東宝映画の「サラリーマン忠臣蔵」と同タイトルでありながら、こちらはよりドラマチックな仕上がりが期待できるプロットであるにもかかわらず、もうひとつ惜しいのは、演出(というか撮り方?)がじゃっかん平坦で、脚本の妙がビジュアル的な盛り上がりに活かされていない感じなのと、また、怨敵・吉良を演じるのが、室田日出男(親会社ともライバルとも言える葵商事の専務)…というのが、ボスキャラというには、ちょ…っっと物足りないキャスティングとなっている(すみません)。

 寺坂吉右衛門でさえ松山英太郎(好演!)なんだから、(演技は申し分ない室田さんだが)もうちょっと誰かいなかったものか。暴力団の財津一郎とコントラストを付けるなら品を感じる西村晃とか。室田と似た世代なら、加山雄三=若大将のライバル・青大将の田中邦衛…じゃ喜劇になっちゃうか。

 とはいえ、全般的には同年公開の「12時間超ワイドドラマ 大忠臣蔵」よりも、「この役はこの役者が良いだろう」という配役が興に入ってて、見ていて心地が良い。

 オリジナルの忠臣蔵のキャラクターを上手く遊べてもいる。


 最初、会社の話の割には女子社員が皆無(2回目見たら端っこにふたり見切れてた)なことを始めとする「女子不在」に違和感をおぼえたが、コレもちゃんと話が進むにつれて、会社倒産後にたくましく夫たちを支える良い役回りで女優たちが登場し活躍する。森田健作演じる堀部安夫の妻役を、当時必殺シリーズでお馴染みの鮎川いずみがチャキチャキに演じ、安夫が再就職する工務店の社長に大山のぶ代(当時のドラえもん)が当てられたり、「テレビ朝日」を遊んでいる。

 岡野金右衛門の絵図面取りみたいなエピソードでは、お艶のパートにのりピー(当時バズり中のアイドル)が当てられていたのも高まった。


 画面をよく見て看板や書類に目を凝らしたり、会話をちゃんと聴いていないと、人物の関係性がよくわからなくなることがあるという、当時っぽい不親切さ=わかりにくさもあるが、忠臣蔵劇が頭に入ってる人ならおおむねたのしめるはず。


 主演の加山雄三は、借金返済で苦労していた'70〜80年代のしかめっ面のイメージと、のちの「若大将のゆうゆう散歩」で見せるようなほがらかな笑顔の、強弱のある両面を、面従腹背の大石内蔵助役に反映している。プレジャーボートのシーンでは役を忘れてるかにも見えるやわらかい表情を見せるが、どうやら船体のデザインから察するに、当時の加山の愛船・光進丸をロケに使っている(註02)


 現代の話への忠臣蔵劇のなぞらえ方に無理がなく、制作者の愛を感じる、約2時間半。


註01…ちなみに「だいこんの花」('70〜77向田邦子のテレビドラマ)から仲良しになった森繁&竹脇だが、この「サラリーマン忠臣蔵〜華麗なる復讐〜」放送年にTBSで「だいこん」のオマージュっぽい「おやじのヒゲ」(もオフィス・ヘンミ)も放送されている。


註02…当時加山雄三が所有していた大型ボート・3代目光進丸のこと。気の毒に2018年に火災で失ってしまっている。