元禄赤穂事件

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

あらまし/あらすじ

赤穂浪士の討ち入り

1701年3月。

江戸城(火事で燃えちゃって今は無い)を会場とした大イベント中に、ゲストの接待係の浅野という人が指導係の吉良(きら)という人に、なにやらうらみをぶちまけながら刃物で切り掛かった。

ケガはたいしたことは無かったが、イベント主催者の将軍が怒ってしまって、理由も詮索せず浅野さんをその日にすぐ切腹と言い渡す。吉良さん側には一切おとがめナシ。

浅野さんの会社は解散&没収。

300人からいた社員は全員リストラで散り散りになった。

社長切腹とか城地没収とかを急に突きつけられてなんの保証も無く路頭に迷わされ、不公平な裁定を不満に思った47人の有志だけが1年10ヶ月後に集まって、社長が死罪にいたるきっかけを作った吉良さんに対し、「亡主の意趣をつぐ」というたてまえで夜中に屋敷を奇襲。吉良さんを殺害した。

リーダーの名は大石内蔵助(おおいし くらのすけ)。

当時の江戸ッ子はこの「かたきうち」を絶賛した。

政府はいろいろ考えたあげく、事件から2ヶ月後に46人(一人いなくなってる)を切腹に決定する。


創作作品

映画製作本数の推移… 赤文字は興行成績一位。

松之廊下事件から47年後、大阪でこの事件をもとにした人形浄瑠璃「仮名手本忠臣蔵」が大ヒット。歌舞伎も追随。

講談も事件の内容を膨らまし、以降約300年、浪曲、映画、テレビドラマはいうにおよばず、オペラ、バレエ、宝塚、コント、アニメ、怪獣映画、パロディ、ポルノ、特撮ヒーロー、ゲーム、ハリウッドもひっくるめて、汗牛充棟な量のリメイクをされ続けてる超人気シェアワールド。


「忠臣蔵」の名称は本来この事件を基に脚色した物語ものの総称をいう。


※…人形浄瑠璃/歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」はほとんどオリジナルストーリー

  講談「赤穂義士伝」は史実を混ぜたフィクションで、内容は映画やドラマによく使われる。


早わかり忠臣蔵絵本

希望小売価格500円+税

オーソドックスな「忠臣蔵」の流れは「早わかり忠臣蔵絵本」にて!

不定価500円(場所によって消費税あったり、なかったり)也。


東京新橋・新正堂さん(&関連売り場)

泉岳寺 仲見世・小泉義士堂さん、広瀬商店さん、カフェ ゴダールさん、沓名商店さん、大澤商店さん

兵庫県播州赤穂・わたやさん大石神社さん赤穂観光協会さん花岳寺さん

新潟県新発田・長徳寺さん新発田市観光協会さん

フランス、ナントのブルターニュ大公城さん

に、いらっしゃいますとお買い求めいただけます。

史跡巡りにお出かけください!\( ^▽^ )/


もりいにメールをくれれば+消費税+郵送費にてお送りいたします。


Ako jiken/Chusingura

Ako incident is a murder case in that happened the lord of Ako was bullied by the old man of the government.

Some people japanese would love this story that bully is killed.

We call "Chushingura" that to as dramatized that incident.


You possible to understand the synopsis if you buy a picture book.You can buy it in Sengakuji tenple,or in AKO of Hyogo Prefecture.

Please contact if you want. I will send to you it in some of shipping and 500 yen that you have given me.