「浅野内匠頭」の版間の差分

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
(関連項目)
 
(2人の利用者による、間の42版が非表示)
1行目: 1行目:
 +
[[画像:Raizo_takumi.jpg|thumb|役者絵:市川雷蔵]]
 
[[画像:asano1.jpg|thumb|役者絵:大川橋蔵]]
 
[[画像:asano1.jpg|thumb|役者絵:大川橋蔵]]
 
[[画像:asano2.jpg|thumb|役者絵:東山紀之]]
 
[[画像:asano2.jpg|thumb|役者絵:東山紀之]]
 +
[[画像:Tamura-cyo-tono.jpg|thumb|新橋・日比谷通り添いの碑]]
  
 
浅野内匠頭【あさの たくみのかみ(長矩ながのり)】
 
浅野内匠頭【あさの たくみのかみ(長矩ながのり)】
  
赤穂領主。謹厳実直でクソがつくほどマジメキャラ。カタブツで、殿様なのに側室(愛人)がいない。
+
 
 +
赤穂領主。
 +
 
 +
清廉無私、謹厳実直でクソがつくほどマジメキャラ。カタブツで、殿様なのに側室(愛人)がいない愛妻家。映画やドラマではしばしば[[阿久里/瑤泉院|奥さん]]の琴の演奏を聴くのが大好きという演出がなされる(「[[赤穂城/続赤穂城|赤穂城]]」「[[忠臣蔵 花の巻雪の巻]]」「[[新春ワイド時代劇 忠臣蔵−決断の時|決断の時]]」など)。
 +
 
 +
赤穂の、とあるタクシーの運転手さん(大阪出身)は「嫁はんより小姓を愛しはったんですなあ」とゲイ(江戸時代の衆道はあたりまえ)だったと主張。アンチ忠臣蔵の人が引き合いに出す「土芥寇讎記」(どかい こうしゅうき:各大名の報告書)では長矩を「女好き」としているがもりい個人は隠密が書いたとされるコレを信用しない。
 +
 
  
 
なにもかも、この人が江戸城の大イベント中に廊下で上司を斬りつけたのがきっかけ。どうしてそんな奇行に走ったかは300年経った今も謎。
 
なにもかも、この人が江戸城の大イベント中に廊下で上司を斬りつけたのがきっかけ。どうしてそんな奇行に走ったかは300年経った今も謎。
  
上司、[[吉良上野介|吉良]]のパワハラが原因であるというのが定説。この人の親戚も過去にどっかで同じような事件を起こしている。
+
上司、[[吉良上野介|吉良]]のパワハラが原因であるというのが定説。
  
5万3千石。塩田も入れると7万とも8万石ともいわれなにげ裕福。が、おなじイベント部の[[伊達左京亮|伊達君]]より領地が広いのに進物はショボかった。「おべっかつかうのはきらいじゃ」というこの無作法が吉良の逆鱗に触れるというのがドラマの定石。
+
大名の起こすこうした「喧嘩」はほかにも例があるそうで、内匠頭の親戚も過去にどっかで同じような事件を起こしている。ただ家来が討ち入りたくなるような片落ちの裁定はめずらしいようで。
  
刃傷事件前はたいがいのドラマで部下が浅野に「何事もご忍耐第一に!」と心配してる。
 
  
すぐおなかが痛くなったりつむじがいたくなったりの病気持ち。感情が高ぶると胸が苦しくなる「痞(つかえ)」という精神病だったとも伝えられる。
+
5万3千石。塩田も入れると7万とも8万石ともいわれなにげ裕福だが、忠臣蔵物語の中では、おなじイベント接待部の[[伊達左京亮|伊達君]]より領地が広いのに進物はショボかった。「おべっかつかうのはきらいじゃ」というこの無作法が吉良の逆鱗に触れる。
  
「突く」ための脇差しで斬りつけたり、理由も言わず「遺恨」を再三くちにしてることから、被害妄想を伴うそっち系の精神病説も言われている。
+
刃傷事件前はたいがいのドラマで部下が浅野に「何事もご忍耐第一に!」と心配してくれている。
 +
 
 +
(実際は地元の水道工事や京都御所 紫宸殿の建て直しにたいへん散在して、裕福どころか天守も建てられないほど嚢中はさみしかったとか。足袋もツギのあたった倹約家。)
 +
 
 +
 
 +
当時の勤務評価に「短慮」と記されていたり、感情が高ぶると胸が苦しくなる「痞(つかえ)」という病気持ちだったとも伝えられるところから、ドラマでもすぐおなかが痛くなったりつむじがいたくなったりしてる演出が見られる。
 +
 
 +
「突く」ための脇差しで斬りつけたり、理由も言わず「遺恨」を再三くちにしてることから、被害妄想を伴う精神病説も言われているらしく、「[[時代劇特別企画 忠臣蔵|たけし版]]」ではそこに言及し、ジェームス三木は「[[忠臣蔵 瑤泉院の陰謀|瑤泉院の陰謀]]」では大胆にも、内匠頭をはっきりと'''トリッキーなキャラ'''として描いている。
 +
 
 +
 
 +
ドラマなどで大げさにクローズアップされることが少ないが、そもそも戦国時代は豊臣秀吉と縁続きな上、ブレーンの筆頭だったたけだけしい家柄で、「辱められるならやっちまえ」という山鹿素行先生の教え(要確認)も助けて「喧嘩上等」の姿勢なのではなかったかとも推測される。
 +
 
 +
 
 +
遺書らしきものには「言っといたらよかったんだけど、言わないでおきます。さぞ不審でしょうね」という言葉を残して死んでいっちゃって、これまた謎。
 +
 
 +
「[[峠の群像]]」では、自分の愚行ははっきりしてることだから罰は受ける。そこにいちいち「だって○○なんだもん」などとつべこべ言わないことが潔しという演出が、[[不破数右衛門]]が家僕を切り捨ておいて理由をかたくなに話さないエピソードとともになされている。
 +
 
 +
 
 +
辞世「風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん」(いまいち意味不明)もこの句を伝えた[[多門伝八郎]]の創作とも言われフィクション説が濃厚とか。
 +
 
 +
 
 +
とにかく謎のすべては、お上がくわしく取り調べをしないで「'''すぐに切腹!'''」と裁決したお手軽さが原因。
 +
 
 +
 
 +
 
 +
内匠頭は一代で江戸城警備、消防隊(<市民に好評の仕事ぶりだった)、普請の手伝い、任期中に二回の饗応役(かなりレアとか?)など、幕府からいっぱい御用を言いつけられており、なかなか大変だったとお見受けいたします。
 +
 
 +
カネのかかる用事をさんざん言いつけられたのも、豊臣系の浅野家をこころよく思ってない徳川幕府(<小藩取り潰しにも躍起)のいじわると考えられる?(でも秀吉死後は家康と仲良しだったそうだが…)
 +
 
 +
 
 +
年貢が重かったとかで、アンチ忠臣蔵の人は内匠頭の切腹を聞いた領民が餅をついたとか赤飯を炊いたと言われるエピソードをことさら引き合いに出すが、これは播州浅野家のあとを継いだ森家の借金20万両とも言われる政治の過酷さが前の領主に影響した誤伝とも言われている。
 +
 
 +
 
 +
享年35。
 +
 
 +
 
 +
[[通し狂言 仮名手本忠臣蔵|仮名手本忠臣蔵]]の塩冶判官(えんやはんがん)。
 +
 
 +
 
 +
 
 +
 
 +
== Asano Takuminokami ==
 +
Asano is the lord of the part of the west of Japan.
 +
 
 +
He received a relentless bullying from Kira in Edo, the capital.
 +
 
 +
Insult had serious implications for the samurai.
 +
 
 +
Asano will fail in an attempt to kill Kira.
 +
 
 +
Shogun was pressed against the Harakiri to Asano.
 +
 
 +
He died at the age of 35.
 +
 
 +
Asano's servants were granted the wish of the lord..
 +
 
 +
 
 +
When Chushingura in Hollywood made a movie, Creators change the setting to the old man.
  
辞世「風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん」(いまいち意味不明)はこの句を伝えた[[多門伝八郎]]の創作とも言われフィクション説が濃厚。
 
  
仮名手本忠臣蔵の塩治判官(えんやはんがん)。
 
  
年貢が重かったとかで、切腹を聞いた領民は赤飯炊いたとも言われる。享年35。
 
  
 
==関連項目==
 
==関連項目==
 +
 
* [[元禄赤穂事件]]
 
* [[元禄赤穂事件]]
 +
 +
* [[山鹿素行]](師)
 +
* [[阿久里/瑤泉院]](奥さん)
 +
* [[浅野大学]](弟)
 +
* [[武林唯七]](乳兄弟)
 +
* [[伊達左京亮]](同僚)
 +
* [[徳川綱吉]](切腹を申しつけた将軍)
 
* [[吉良上野介]](嫌みな上司)
 
* [[吉良上野介]](嫌みな上司)
* [[阿久里/瑤泉院]](正室)
+
* [[桃井若狭助]](吉良に対して同じような立場)
* [[浅野大学]](弟)
+
* [[亀井隠岐守]](吉良に対して同じような立場)
 +
* [[多門伝八郎]](かばってくれた幕府目付)
 +
* [[田村右京大夫]](切腹場の家主)
 
* [[戸田采女正]](従兄弟)
 
* [[戸田采女正]](従兄弟)
* [[徳川綱吉]](将軍)
+
* [[大石内蔵助]](仇を取ってくれた部下)
* [[多門伝八郎]](幕府目付)
+
* [[松平安芸守]](ご本家筋)
* [[田村右京大夫]](切腹場の家主)
 
* [[桃井若狭助]]
 
* [[伊達左京亮]](同僚)
 
* [[山鹿素行]](師)
 
* [[菅谷半之丞]]
 
* [[安井彦右衛門]](側近)
 
* [[藤井又左衛門]](側近)
 
* [[田中貞四郎]](近習)
 
* [[武林唯七]](家臣)
 
* [[千馬三郎兵衛]](家臣)
 
* [[倉橋伝助]]
 
* [[礒貝十郎左衛門]]
 

2018年11月20日 (火) 18:33時点における最新版

役者絵:市川雷蔵
役者絵:大川橋蔵
役者絵:東山紀之
新橋・日比谷通り添いの碑

浅野内匠頭【あさの たくみのかみ(長矩ながのり)】


赤穂領主。

清廉無私、謹厳実直でクソがつくほどマジメキャラ。カタブツで、殿様なのに側室(愛人)がいない愛妻家。映画やドラマではしばしば奥さんの琴の演奏を聴くのが大好きという演出がなされる(「赤穂城」「忠臣蔵 花の巻雪の巻」「決断の時」など)。

赤穂の、とあるタクシーの運転手さん(大阪出身)は「嫁はんより小姓を愛しはったんですなあ」とゲイ(江戸時代の衆道はあたりまえ)だったと主張。アンチ忠臣蔵の人が引き合いに出す「土芥寇讎記」(どかい こうしゅうき:各大名の報告書)では長矩を「女好き」としているがもりい個人は隠密が書いたとされるコレを信用しない。


なにもかも、この人が江戸城の大イベント中に廊下で上司を斬りつけたのがきっかけ。どうしてそんな奇行に走ったかは300年経った今も謎。

上司、吉良のパワハラが原因であるというのが定説。

大名の起こすこうした「喧嘩」はほかにも例があるそうで、内匠頭の親戚も過去にどっかで同じような事件を起こしている。ただ家来が討ち入りたくなるような片落ちの裁定はめずらしいようで。


5万3千石。塩田も入れると7万とも8万石ともいわれなにげ裕福だが、忠臣蔵物語の中では、おなじイベント接待部の伊達君より領地が広いのに進物はショボかった。「おべっかつかうのはきらいじゃ」というこの無作法が吉良の逆鱗に触れる。

刃傷事件前はたいがいのドラマで部下が浅野に「何事もご忍耐第一に!」と心配してくれている。

(実際は地元の水道工事や京都御所 紫宸殿の建て直しにたいへん散在して、裕福どころか天守も建てられないほど嚢中はさみしかったとか。足袋もツギのあたった倹約家。)


当時の勤務評価に「短慮」と記されていたり、感情が高ぶると胸が苦しくなる「痞(つかえ)」という病気持ちだったとも伝えられるところから、ドラマでもすぐおなかが痛くなったりつむじがいたくなったりしてる演出が見られる。

「突く」ための脇差しで斬りつけたり、理由も言わず「遺恨」を再三くちにしてることから、被害妄想を伴う精神病説も言われているらしく、「たけし版」ではそこに言及し、ジェームス三木は「瑤泉院の陰謀」では大胆にも、内匠頭をはっきりとトリッキーなキャラとして描いている。


ドラマなどで大げさにクローズアップされることが少ないが、そもそも戦国時代は豊臣秀吉と縁続きな上、ブレーンの筆頭だったたけだけしい家柄で、「辱められるならやっちまえ」という山鹿素行先生の教え(要確認)も助けて「喧嘩上等」の姿勢なのではなかったかとも推測される。


遺書らしきものには「言っといたらよかったんだけど、言わないでおきます。さぞ不審でしょうね」という言葉を残して死んでいっちゃって、これまた謎。

峠の群像」では、自分の愚行ははっきりしてることだから罰は受ける。そこにいちいち「だって○○なんだもん」などとつべこべ言わないことが潔しという演出が、不破数右衛門が家僕を切り捨ておいて理由をかたくなに話さないエピソードとともになされている。


辞世「風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん」(いまいち意味不明)もこの句を伝えた多門伝八郎の創作とも言われフィクション説が濃厚とか。


とにかく謎のすべては、お上がくわしく取り調べをしないで「すぐに切腹!」と裁決したお手軽さが原因。


内匠頭は一代で江戸城警備、消防隊(<市民に好評の仕事ぶりだった)、普請の手伝い、任期中に二回の饗応役(かなりレアとか?)など、幕府からいっぱい御用を言いつけられており、なかなか大変だったとお見受けいたします。

カネのかかる用事をさんざん言いつけられたのも、豊臣系の浅野家をこころよく思ってない徳川幕府(<小藩取り潰しにも躍起)のいじわると考えられる?(でも秀吉死後は家康と仲良しだったそうだが…)


年貢が重かったとかで、アンチ忠臣蔵の人は内匠頭の切腹を聞いた領民が餅をついたとか赤飯を炊いたと言われるエピソードをことさら引き合いに出すが、これは播州浅野家のあとを継いだ森家の借金20万両とも言われる政治の過酷さが前の領主に影響した誤伝とも言われている。


享年35。


仮名手本忠臣蔵の塩冶判官(えんやはんがん)。



Asano Takuminokami

Asano is the lord of the part of the west of Japan.

He received a relentless bullying from Kira in Edo, the capital.

Insult had serious implications for the samurai.

Asano will fail in an attempt to kill Kira.

Shogun was pressed against the Harakiri to Asano.

He died at the age of 35.

Asano's servants were granted the wish of the lord..


When Chushingura in Hollywood made a movie, Creators change the setting to the old man.



関連項目