「山鹿素行」の版間の差分

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索
 
(同じ利用者による、間の8版が非表示)
1行目: 1行目:
[[画像:Yamaga.jpg|thumb|赤穂城跡のそばの銅像]]
 
[[画像:R0012196.JPG|thumb|東京・牛込にあるお墓]]
 
  
 
山鹿素行【やまが そこう】…赤穂藩士の教育などを行った軍学の先生。儒学者。
 
山鹿素行【やまが そこう】…赤穂藩士の教育などを行った軍学の先生。儒学者。
  
  
三代将軍・家光の師範だったが、家光の死後、赤穂の浅野長直のオファーで一千石で藩に学問師範として迎えられ、8年間軍学や儒学を教えた。
+
三代将軍・家光の師範だったが、家光の死後、赤穂の浅野長直のオファーで一千石で藩に学問師範として迎えられ、8年間軍学や儒学を教えた。(もともと内匠頭のおじい様と師弟関係で、赤穂で仕えていた経験がある。)
  
 
その後退職し、江戸に出て民間の学者となる。
 
その後退職し、江戸に出て民間の学者となる。
11行目: 9行目:
 
そこで反政府的なことを説いて、お上から目を付けられ、赤穂に流刑を言い渡される。
 
そこで反政府的なことを説いて、お上から目を付けられ、赤穂に流刑を言い渡される。
  
[[大石内蔵助]]は若い時、山鹿先生を江戸から護送したことで高名になった(<この部分、浪曲「山鹿護送」)。
+
[[大石内蔵助]]は若い時、山鹿先生を江戸から護送したことで高名になった(<この部分、浪曲「山鹿護送」「山鹿送り」。実際は配流されたとき内蔵助8歳w。)。
  
  
17行目: 15行目:
  
  
討ち入りの時に[[大石内蔵助|内蔵助]]が陣太鼓たたいて、眠ってた吉良邸の用人がガバッと起きて耳を澄まし「一打ち二打ち、三流れ…アレは山鹿流の陣太鼓!?」って言ってそばの刀もって飛び出して行くときの「山鹿流の陣太鼓」てのがこの先生流の、という意味。「山鹿流の」って知ってて当たり前みたいに言ってるわりには'''ドラマによってリズムとかまちまち'''です。
+
討ち入りの時に[[大石内蔵助|内蔵助]]が陣太鼓たたいて、眠ってた吉良邸の用人がガバッと起きて耳を澄まし「一打ち二打ち、三流れ…アレは山鹿流の陣太鼓!?」って言ってそばの刀もって飛び出して行くときの「山鹿流の陣太鼓」てのがこの先生流の、という意味。「山鹿流の」って知ってて当たり前みたいに言ってるわりには実在しないので、'''ドラマによってリズムとかまちまち'''です。(「七つ七つ三丁陸六つ天地人の乱拍子」というのもある。「[[槍一筋日本晴れ]]」)
  
  
23行目: 21行目:
  
  
ドラマに本人が出てくることはまず無いが、とにかく劇中に名前はよく出てくる。
+
ドラマに本人が出てくることはまず無い(厳密には「[[元禄繚乱]]」のように時を大きくさかのぼった作品に登場しないこともないが、「山鹿護送」のような大きな扱いでは出てこない。)が、とにかく劇中に名前はよく出てくる。
 +
 
 +
 
 +
 
 +
 
 +
== 山鹿流陣大鼓バリエーション ==
 +
 
 +
* 「[[忠臣蔵 地の巻/天の巻]]」(1938)どんどんどん、どんどんどん、どんどんどん、どんどんどんどんどんどんどん、…
 +
 
 +
* 「[[忠臣蔵(大映)]]」(1958)'''どぉん'''、どん、どん、どんどんどん'''どぉん'''どんどんどんどん'''どぉん'''どんどん'''どぉん'''どんどん…
 +
 
 +
* 「[[忠臣蔵 桜花の巻 菊花の巻]]」(1959)どん!どんどんどんどんどんどんどん!どんどんどんどんどん、…
 +
 
 +
* 「[[赤穂浪士]]」(1961)どんどんどんどんどんどんどん、どんどんどんどんどん、
 +
 
 +
* 「[[忠臣蔵 花の巻雪の巻]]」(1962)(太鼓無かった…)
 +
 
 +
* 「[[年末時代劇スペシャル 忠臣蔵|里見版]]」(1985)どん!どん!<small>どんどんどんどん</small>…どんどん<small>どんどんどんどん</small>…
 +
 
 +
* 三波春夫「元禄名槍譜 俵星玄蕃」どん!<small>どんどんどんどん</small>どん!<small>どんどんどんどん</small>…
 +
 
 +
 
  
  
30行目: 49行目:
 
* [[浅野内匠頭]](教え子)
 
* [[浅野内匠頭]](教え子)
 
* [[大石内蔵助]](山鹿護送)
 
* [[大石内蔵助]](山鹿護送)
 +
 +
 +
<gallery>
 +
画像:soko_senseni_b.jpg|thumb|米沢にある生誕地の碑。
 +
画像:Yamaga.jpg|thumb|赤穂城跡のそばの銅像。
 +
画像:R0012196.JPG|thumb|東京・牛込にあるお墓。
 +
</gallery>

2018年9月29日 (土) 20:54時点における最新版

山鹿素行【やまが そこう】…赤穂藩士の教育などを行った軍学の先生。儒学者。


三代将軍・家光の師範だったが、家光の死後、赤穂の浅野長直のオファーで一千石で藩に学問師範として迎えられ、8年間軍学や儒学を教えた。(もともと内匠頭のおじい様と師弟関係で、赤穂で仕えていた経験がある。)

その後退職し、江戸に出て民間の学者となる。

そこで反政府的なことを説いて、お上から目を付けられ、赤穂に流刑を言い渡される。

大石内蔵助は若い時、山鹿先生を江戸から護送したことで高名になった(<この部分、浪曲「山鹿護送」「山鹿送り」。実際は配流されたとき内蔵助8歳w。)。


浅野内匠頭はこの山鹿先生の「教え」をイデオロギーとして、いちいち「山鹿先生の教えに反する!」とカタイことを言っては元禄流のビジネステクニックを教えようとする吉良上野介から反感を買ったふうな演出がしばしば見られる(「元禄繚乱」ほか)。


討ち入りの時に内蔵助が陣太鼓たたいて、眠ってた吉良邸の用人がガバッと起きて耳を澄まし「一打ち二打ち、三流れ…アレは山鹿流の陣太鼓!?」って言ってそばの刀もって飛び出して行くときの「山鹿流の陣太鼓」てのがこの先生流の、という意味。「山鹿流の」って知ってて当たり前みたいに言ってるわりには実在しないので、ドラマによってリズムとかまちまちです。(「七つ七つ三丁陸六つ天地人の乱拍子」というのもある。「槍一筋日本晴れ」)


浅野内匠頭はこの人を尊敬しているが、入門して1年くらいで他界してる。


ドラマに本人が出てくることはまず無い(厳密には「元禄繚乱」のように時を大きくさかのぼった作品に登場しないこともないが、「山鹿護送」のような大きな扱いでは出てこない。)が、とにかく劇中に名前はよく出てくる。



山鹿流陣大鼓バリエーション

  • 忠臣蔵 地の巻/天の巻」(1938)どんどんどん、どんどんどん、どんどんどん、どんどんどんどんどんどんどん、…
  • 忠臣蔵(大映)」(1958)どぉん、どん、どん、どんどんどんどぉんどんどんどんどんどぉんどんどんどぉんどんどん…
  • 赤穂浪士」(1961)どんどんどんどんどんどんどん、どんどんどんどんどん、
  • 里見版」(1985)どん!どん!どんどんどんどん…どんどんどんどんどんどん
  • 三波春夫「元禄名槍譜 俵星玄蕃」どん!どんどんどんどんどん!どんどんどんどん



関連項目