松平安芸守

提供: Kusupedia
移動先: 案内検索

松平安芸守【まつだいら あきのかみ】…浅野のご本家。江戸では霞ヶ関に屋敷があるが広島では四十二万石の大大名。

松の廊下事件があり、内匠頭の切腹のあと江戸城内で「分家があんなんなっちゃったのにボサッとしてて、とんだ腰抜け大名だ」と影でディスられたことを苦にうつ病になるが、内蔵助から直接本心を聞いてバックアップを一念発起。

上野介をご朱引きうち(*)の外に引っ越させる(=上野介を隠居させる)算段を考え、大目付仙石伯耆守をまいないで抱き込む作戦をする。(講談本より)


祖先・浅野長政は豊臣秀吉の五奉行をつとめた名将(また、秀吉の奥さんの妹をめとっているので義兄弟)で、子の幸長と長あきがあとを継いだ。安芸(あき)・備後(広島県の東)を中心に築いた家柄で、徳川幕府が松平安芸守という名前を送りました。

ちなみに

内匠頭の家は長政の三男・長重が作って、初めは常陸の国の真壁(茨城県)にいたが、いろいろお手柄で笠間に加増&引っ越し。その子長直の時にご存じ赤穂(兵庫県)に移ったそうです。("お手柄で笠間"の部分以外、少年少女物語文庫 赤穂義士物語より)


秀吉の死後は、秀吉の妹さんの嫁ぎ先が徳川家だった縁もあって徳川側に立ち、内匠頭の即日切腹にも異議を唱えず、赤穂からの借金申し込みもことわり、城明け渡しは穏便にと釘を刺し、お家再興運動にも非協力的。

実際は講談のキャラクターとは違い、徹底的に赤穂の分家に冷たかったが、それが本&分家の考え方として当時の武家社会の上での道徳律であったようだし、資金援助しても記録に残せなかったろうという見方もあります。


ドラマでは凶報のあと本家から何人か赤穂の城に駆けつけて「ともかく穏便に城の明け渡しを!」と訴える。

元禄繚乱」では、はやる浪士を鎮撫していた本家家臣の進藤七郎右衛門(加藤武)が最終的にけっこう内蔵助に歩み寄りを見せている。



*ご朱引きうち…「朱引き絵図」で江戸城を中心として地図上に朱色で線を引いたエリア。所謂「えど」のこと。御内府。ちなみに刑法上で「江戸おかまい」という時はさらにエリアが狭い緑の線で示されたそうです。


関連

忠臣蔵ブログ

いばらき忠臣蔵(1)

いばらき忠臣蔵(2)